【Grado】リファレンス・シリーズの基本スペックと性能の比較

リファレンス・シリーズはGradoのヘッドホンシリーズの一部であり、木材であるマカボニーを利用することで、音に暖かみをプラスするようなヘッドホンに仕上がっています。

数万円とする非常に高級なヘッドホンですが、Grado製ヘッドホンの中では中間レベルの価格設定となっており、一番手ごろな価格でGradoの音質を楽しめるステートメント・シリーズの一段階上のシリーズであるといえます。

とはいえ、「価格=自分にマッチした音質」とはならないのがヘッドホン界の常であり、Grado製ヘッドホンは特にそれぞれのシリーズに一定数の信者が存在しているのが実状です。18万円台の「PS1000e」よりも、8万円程の「GH1」の方が好みだという方も少なくありません。

その中でもリファレンス・シリーズはかなり特殊というか偏ったヘッドホンで、普段よく聞く音楽の種類やそれぞれの感覚によって大きく評価が分かれています。

リファレンス・シリーズには2種類のヘッドホンがあり、「RS1e」「RS2e」の2つがあります。それぞれの共通する特性と性能の違い、基本的なスペックを見ていきましょう。

 

ラインナップ一覧

「RS2e」が先頭にきていますが、「RS2e」は「RS1e」の弟分です。見た目としての違いでいけば、「RS1e」をよりコンパクト化したヘッドホンが「RS2e」であり、その値段と重量、そしてダイアフラム口径がそれぞれ変わってきます。

 

RS1e

マカボニー材の滑らかな見た目が特徴の「RS1e」

このヘッドホンが開発される前までは「RS1i」が販売されており、2014年にGradoはヘッドホンを一新、eシリーズとして「RS1i」をリメイクして登場したのが「RS1e」となっています。

しかしリメイクとは言ったものの、「RS1e」が奏でる音は「RS1i」とは全くの別物であり、高音の独特な鳴りと艶めかしさが特徴であった「RS1i」とは打って変わって、「RS1e」は低音をそこそこ重視しながらも滑らかさを保ったサウンドに生まれ変わりました。そこがまた評価の割れる原因に繋がっているんだと思います。

「RS1e」のダイヤフラム口径は50mm。「RS2e」と差別化されている要素ですが、ダイヤフラム口径はヘッドホンの大きさだけに関わる数値ではありません。口径の大小によって耳に届く音の重さや迫力にも影響してきます。

単純には判断できませんが、基本的にはダイヤフラム口径が大きいと低音の迫力が、小さければ高音の伸びがよくなると言われています。そこらへんの違いはぜひ自分の耳で感じていただきたい部分です。

 

特徴のまとめとしては、木製ヘッドホンならではの柔らかな響きと立体感。低音の厚みも相まって、迫力を感じる力強いサウンドを楽しむことができます。

その分、女性ボーカルが歌うような、中高音の鋭さを売りにした音楽はあまり得意としていないヘッドホンです。そこが好きだという意見もありますが、どうしてもその曲が持つ本来のスピード感と音のキレは活かしづらいのが特徴としてあります。クセの強いヘッドホンと感じられやすい理由ですね。

あと気になる点としてはヘッドホンそのものの使いづらさでしょうか。もともとGradoは使用感を度外視したヘッドホンばかりを製造しているメーカーではありますが…ドライバーユニットがその大きさのあまりハウジングから微妙に飛びだしていて、耳に固い部分が押し付けられるような感覚を覚えてしまいます。慣れれば気にならなくなるかもしれませんが、そういった使用感の低さも考慮したうえで判断していきましょう。

 

RS2e

「RS1e」の軽量化モデルとして開発された「RS2e」

単に軽量化されたことで負担が軽減されたという点もありますが、「RS1e」の不評点でもあった「ドライバーユニットが耳にあたって痛い」という点も改善されており、「RS1e」よりも使用感の高まったヘッドホンとなりました。

また「RS1e」にはないテンポのよさ、音が段々と迫ってくるようなリズム感のあるサウンドが特徴で、「RS1e」ほどの音質のクセもなく、あまり違和感を覚えにくい安定したヘッドホンとなっています。

「RS2e」のダイヤフラム口径は44mm。プレステージ・シリーズと似たような口径なので、そこで慣れている方にとっては使用感にズレを感じにくいヘッドホンとなっているのではないでしょうか。

「RS1e」と比較して低音に力を注いでいるわけでもなく、どの音域でも安定したパフォーマンスを発揮してくれるのが「RS2e」の特徴です。大きく選り好みされるヘッドホンではありませんが、クセを感じにくく、「普通にGradoらしい音を聞きたい」方へおすすめできるヘッドホンへと仕上がっています。

 

総評

「RS1e」と「RS2e」は同じシリーズに分類されてはいますが、全くの別物といっても過言ではない性能差があるように感じます。

単に見た目だけの性能差ではなく、「RS1e」が奏でる滑らかで力強いクセのある低音、それに対して安定したスピード感とテンポのいい音の弾みをもった「RS2e」と、音質面でも大きな違いが見受けられるヘッドホン同士です。

同じマカボニー材を使っているからという理由でとりあえず同じシリーズに入れられてはいますが、値段が高い=良いヘッドホンだ、という理由で「RS1e」を選んでしまうと損をしてしまうかもしれません。ただでさえクセの強いとされている「RS1e」ですから、あなたの耳に合う確率は高いとはいえないのです。

「RS1e」に関しては音の感じ方に大きな個人差があるので、できれば購入する前に視聴していただきたいところです。それが難しく、音質がよければそれ以上のクセや個性はいらないという方であれば、「RS2e」を購入すると後悔することの少ない選択ができるのではないかと思います。