【Grado】RS1e_総レビューまとめ

Gradoのリファレンス・シリーズに含まれる「RS1e」。マカボニー材を使用することで音に暖かみと質感を付与することを可能とし、Grado自信がマスターピースだと自負するヘッドホンです。

そんな「RS1e」を視聴・購入した方のレビューを見ていきましょう。

 

RS1e レビューまとめ

 

レビューⅠ

  • 迫力のある低音域がRS1eの持ち味だと感じる。量の多さと組み合わさって壮大な雰囲気がある。ロックや低音を活かした楽器による曲のよさが光るヘッドホン。低音を響かせるような男性ボーカルもマッチしている。
  • これぞ木製ヘッドホンというような厚みのある響き。重量感のある中低音がとにかく長けていて、トゲがとれたような丸みのあるサウンドのおかげで長時間聴いていても負担を感じない。
  • 逆にRS1eだと高音域ならではの鋭さや耳に響くようなサウンドが薄まってしまう。柔らかいしなやかな高音が好きな人にはうってつけだが、鋭く響かせる高音が魅力的な女性ボーカルのよさは半減してしまう。
  • サウンド自体はゆったりとリラックスして聴けるようなマイルドさをもっているが、如何せん使用感に欠ける。特にドライバーユニットと耳との距離がかなり近く、ヘッドバンドの締め付けによっては常に当たっているような感覚になる。
  • RS1eは音質的には悪くないヘッドホン。しかしこのヘッドホンがベストな選択である人はそう多くないように感じる。確かに音の迫力は感じるが、その分音の鮮明さが欠けているようも感じる。このヘッドホンが追加する明るさと柔らかさとがうまくマッチした曲であれば相乗効果で最高だと感じるが、そうでない曲や音の解像度を重視している人にはおすすめできない。

 

レビューⅡ

  • そのままの状態で使っていると1時間ほどで耳に負担を感じるようになりました。しかしそれは予想の範囲内、もともとGradoのヘッドホンに装着感を求めるのは間違いだと理解していたので、ヘッドホンバンドを調節してなんとか側圧を調整しました。
  • 確かに柔らかいマイルドなサウンドだと感じましたが、それはあくまでGradoのヘッドホンと比べたときで、普通のヘッドホンとして聞いてみると比較的鋭い音に感じました。
  • 個人的にはそこまで音の再現度に不満を感じませんでした。開放型ならではの抜けのよさもあり、その点はGradoの共通したイメージを崩すことなく表現されています。これがおそらくオープンエアーのメリットなんだなと思いました。
  • 他のGradoシリーズと比較してある程度の共通点はありましたが、総合的に判断するとRS1eはGrado本来の音とはほど遠いです。ヘッドホンとしての完成度は悪くありませんが、Gradoならではのサウンドが好みの人はRS1eを聴くとガッカリしてしまうかもしれません。

 

レビューⅢ

  • RS1eはGrado製ヘッドホンの中でも軽量な方だったので重さはあまり感じませんでした。イヤーパッドの使用感はそこまで不便ではありませんでしたが、案の定というかいいものでもありませんでした。
  • やはりオープンエアー。微塵も感じられない密閉性と引き換えに籠りのない自然に近い音質になっています。
  • RS1eの魅力は音の多さと拡がりにあると思います。アンプ等でうまく調整してやると音の再現度や鮮明さを向上させることができ、自然でゆったりとした音を楽しむことができました。しかし曲ごとにいろいろと調整をするのは面倒だったりします。
  • このヘッドホンをうまく使うのはなかなか敷居が高く、ヘッドホン以外のアンプや音源の質がよくないとRS1e本来の実力が発揮できないように感じます。その分全てをうまく調整していけば、透き通った自然な音楽を楽しむことができます。

 

レビューⅣ

  • 自分はRS1eをメインに使っている。鋭い高音を楽しみたい場合は別のヘッドホンを使っているが、女性ボーカルでも柔らかい甘めの曲を楽しみたい時は間違いなくRS1e。声のリアルさというか、囁かれているように聞こえる。
  • ドライバーユニットのでっぱりが気になる。若干ハウジングから飛びでていて耳に直接あたってしまうのでどうしても意識がいってしまう。しっかりヘッドホンバンドを調節しないと音の感じとれ方にも影響しそう。
  • RS1iはドライバ口径40mmに対してRS1eは50mm。RS1iとは使用感が全然違っていて、もともとRS1iが好きだった人はリメイク版のRS1eではなくRS2eを購入した方がしっくりくると思う。RS1eは確実に万人受けしないヘッドホン。