【Grado】SR325e_総レビューまとめ

Gradoのプレステージ・シリーズ最高峰である「SR325e」。同じシリーズの中でもこの「SR325e」だけはアルミニウム製ハウジングを採用しており、音の響きがさらにダイナミックになったとGradoはいいます。

そんな「SR325e」を試聴・購入した方のレビューを見ていきましょう。

 

SR325e レビューまとめ

 

レニューⅠ

  • 使ってみた感想、やはり開放型ヘッドホンのため遮音性はありませんでした。完全に室内用だと思います。Gradoのヘッドホンはあまり使い勝手がよくないと聞いていましたが、SR325eは比較的軽量なのもあってか、そこまでの負担は感じませんでした。個人的には長時間でも快適に使用できています。
  • わりとバランスのとれた音質だと思います。鮮明な中音域でありながらも低音・高音ともに不足はなく、空間表現力の高いヘッドホンです。音の位置がわかるくらい精密な再現度も特徴かと。
  • Gradoの他のシリーズと比べると音の奥行きや立体感といった面で見劣りしてしまう部分もありますが、他のメーカーのヘッドホンと比較してみると、このSR325eが表現するハイレベルな音質に気づくことができます。
  • SR325eは音の再現度がかなり高いので、このヘッドホンに見合った音源でないと小さなノイズまで反映してしまいます。その分、精密な再現度で音の重なり合いといったハーモニーを正確に表現することのできるヘッドホンだと思いました。

 

レニューⅡ

  • SR325eのデザインはわりと好きな方なんですけど、見せ物じゃないんでどうでもいいですね。自宅用です。
  • 高音の音質・低音の音質、どちらともすごく良いヘッドホンだと思いました。買ったばかりのエージングしていない状態でも好みの音を出してくれました。これよりも値段の高い高級ヘッドホンとはまた違った、それでは味わえない良さが音に再現されているように感じます。
  • バランスのいい音でとにかく飽きがきません。エージングを重ねていくと高音域の伸びがさらに改善されているような気がします。
  • ベストではないが悪くもないフィット感。ヘッドバンドも自分用に調節できるし、イヤーパッドのスポンジの硬さも負担になるほどではなかったです。
  • 高級ヘッドホンを多数買い続けてきた身ですが、なかなか魅力の足りなさを感じていた自分にとってはかなりいいチョイスになりました。

 

レニューⅢ

  • 若干の古臭さはご愛敬。しかしSR325eのメタリックなデザインは好きな人が少なからずいそうな気がする。
  • 使用感は正直いいものではない。イヤーパッドのゴワゴワとした感じ、ケーブルの太さ、ヘッドバンドの頼りなさ。通販で購入したがパッケージが紙であったりと、結構ずぼらな印象。
  • しかしSR325eの音質は紛れもなく本物。これがGradoなんだなと納得のいくサウンドになっている。澄みきった鮮明な音、突き抜ける高音。それによって音に明るさと温かさが乗って爽やかな音楽世界が広がっていく感覚。最高だと思った。
  • 瞬発力のある低音はメインというよりも中高音を支える、サポートするような音に感じる。開放型ヘッドホンならではの伸びのいいサウンドへと仕上げる効果が低音にも作用しており、十分な量でありながらキレのある低音を感じることができる。
  • 高音質を感じさせるヘッドホンが放つノリノリなサウンドを感じたいのであればこれ以上のヘッドホンはない。特に高音の量と煌めきはイヤな気分を晴らしてくれるには十分すぎるサウンドだ。

 

レニューⅣ

  • 高音ボーカルが輝くヘッドホン。そして鮮やかで温かみのあるサウンド。この突き抜けていくような音こそがGradoなのか。
  • 低音に関しては重量を感じる低音というよりも、量というか厚みのある低音だと思う。オープンエアでここまでの厚みと量を感じるとは想定外だった。高音域と同じくテンポのある音になっている。
  • 今どきのポップス系サウンドがこのSR325eにはマッチしている。曇りのない晴れやかなハイテンションを楽しみたい人におすすめのヘッドホン。逆に落ち着いた、ゆったりとした曲を楽しみたい場合は別のヘッドホンでもいい気がする。
  • フィット感こそがSR325eの欠点。他のヘッドホンでは感じることがないような違和感を覚える装着感。イヤーパッドの感触というか、耳にドライバーユニットが若干当たっているような感覚がちょっと残念。