【Grado】ステートメント・シリーズの基本スペックと性能の比較

Gradoのヘッドホンで、主に木材製のハウジングを使用したヘッドホンの中で最も高級なシリーズとして位置するのがステートメント・シリーズです。

ラインナップは「GS1000e」「GS2000e」の2種類。

ステートメント・シリーズでもリファレンス・シリーズで使用されたマカボニー材が採用されており、接続コード等の基本スペックの向上、Grado製ヘッドホンにしては上質な装着感といった面で、他のシリーズと比較して価格なりの優秀さを持ち合わせています。

では「GS1000e」と「GS2000e」の性能とそれぞれの違いを解説していきます。

 

ラインナップ一覧

どちらも10万円オーバーの高級ヘッドホン使用ですね。またリファレンス・シリーズ同様、マカボニー材をメインにハウジングを構成しているヘッドホンではありますが、総重量にそこそこ大きな差がついています。

ステートメント・シリーズの方が数100gほど重めで、見た目的にもこちらの方が重量感を感じます。しかし前述のとおり、Grado製ヘッドホンの中ではかなり負担の少ないモデルなので、見た目ほどの負担は感じにくいヘッドホンとなっています。。

 

GS1000e

マカボニー製ハウジングとそれに相応したドライバーユニットの設計、そしてラージサイズのイヤーパッドを採用することで着用時の使用感を向上させるとともに、木製ヘッドホンならではの音質の質量感も組み合わさって、壮大なスケールの感じる音を楽しむことができます。

イヤーパッドを変えると音の感じ方も変わるというのは紛れもない事実で、ドライパーユニットと耳との距離と空間の広さをうまくマッチさせることで全然音質が違ってきます。

「GS1000e」の場合は大きめのイヤーパッドを採用することで、耳とドライバーユニットとの距離をある程度離し、イヤーパッド内の空間を広めに保つことでスケール感のある、ステージの真ん中に立って周りから音をあびているような盛大さを楽しむことを可能としています。

ダイアフラム口径は50mmで接続ケーブルは12芯UHPLC無酸素銅線と、Grado製ヘッドホンでも高スペックに分類されるケーブルを採用しています。12芯UHPLC無酸素銅線はこのステートメント・シリーズと、PS500eを除いたプロフェッショナル・シリーズでしか使用されていません。

「GS1000e」はただヘッドホンが奏でる音質だけではなく、耳とドライバーユニットとの位置をマッチさせることで「GS1000e」の良さを最大限に活かすことができます。

そのためイヤーパッドを別種類のものに入れ替えたり、ヘッドホンバンドやハウジングの高さなどの装着位置をうまく設定していないと、「GS1000e」本来の持ち味を感じられない可能性があります。位置調整をせずに「GS1000e」を使用してしまって、音に違和感を感じたり左右の音にズレを感じてしまった、といった意見はよく聞きます。

全体的に見るとかなり完成度の高いヘッドホンに仕上がっており、また他のGradoシリーズとは一味違った迫力、空気感を楽しむことができます。初めてGradoのヘッドホンにふれる方にも、Gradoシリーズに慣れてきた方でも十分に試してみる価値のあるモデルです。

 

GS2000e

「GS2000e」はハウジングの素材にマカボニーにプラスしてメープルを組み合わせ、結合させたハイブリッド構造になりました。

その音質は「GS1000e」とはまた違った、「GS1000e」が音をあびるような感覚だと表現するのであれば、「GS2000e」は一方向から直接音を突きつけれれるような感覚を味わうことができます。

それを表現するのは音圧の強さとわかりやすい解像度。音に意識が見入ってしまうGradoの本質を、従来基本となるGradoサウンドとはまた違った音質で感じることができます。

ダイアフラム口径は50mmで接続ケーブルは12芯UHPLC無酸素銅線と、こちらは「GS1000e」と同スペックになっています。

しかし先ほどのごとく、それぞれのヘッドホンごとに奏でる音質にはなかなかの違いがあります。単にスペック表だけで判断して、「たいして変わらないから値段の安いGS1000eを選ぼう」と安易に決めてしまうと、実は「GS2000e」の方が好みの音に近かったということになりかねません。

「GS1000e」よりも強いパンチとキレをもつ「GS2000e」は、また違った感覚で音楽に没頭することができるヘッドホンに仕上がっています。

 

総評

以上がGradoのステートメント・シリーズであるヘッドホン2種類です。

どちらもヘッドホンとしてはかなり完成度が高く、非常におすすめできるヘッドホンですが、やはりその値段。高級ヘッドホンといっても差し支えない価格設定で足踏みしてしまうのもむりはないかと思います。やはりお財布事情に余裕のある方向けかなと。

ですがどちらを選ぶかは値段で決めてはいけません。「GS1000e」と「GS2000e」とでは3万円弱の価格差がありますが、しかし決して「GS2000e」は「GS1000e」の上位互換というわけではなく、それぞれ違った空気感で評価できるヘッドホンとなっています。

単純にどちらがいいとは言い難く、それぞれ異なる個性で、人によってかなり評価の変わるヘッドホンだと思います。なので、できれば店舗で試聴していただいて、「どっちが好みの音か」で判断していただきたい、と感じる2種類です。